今、サンディエゴから友人が遊びにきています。といっても、奥さんの実家に戻っているだけなのですが。。こいつがまたよく酒を飲む人で、全然酔いません。かなりの量いけますね。

この人ではないのですが、以前オーストラリアから人が来て営業部長を日本でやっていることがありました。ある日、外人を含めた飲み会がありました。その外人にとっては初めての日本人との飲み会です。誰も二次会に連れて行ってあげないんですよ。。

私もまだ若かったので、飲み会の後に誰も二次会に誘ってあげないのを不憫に思い、朝まで行こうぜ!と誘いました。そう言いながら、どれぐらい飲めるか試してやる!と心で思っておりました。

medium_3128291642

結果は散々です。。同じ量を飲んで勝てる訳がありません。なにやら、よく言われるのは外国人と東洋人は身体の作りが違うと。。酵素の量が全然違うから、体質的にかなわないんだとのこと。本当か嘘かよくわかりませんが、来る外人は全て酒に強いです。または、宗教上の理由で飲まなかったりします。モルモン教は飲んじゃ駄目なんですよね。

たしなむ程度がいいってことですね。この歳になってやっとわかってきました。

Yahoo知恵袋:外人 お酒 強い

ちょっと調べてみますと外人が酒に強いのではなく、日本人が弱いだけだそうです。日本人の40%がお酒が弱いそうです。アルコールを肝臓内でアセトアルデヒドに分解する酵素量が少ない人が、日本の人口の40%いるということです。

基本的に日本人より外国人のほうが酒は強いですか?

会社では酒豪と言われている私ですが、外人相手だと全く歯が立ちません。。体質の違いもさることながら、飲み方に問題があるのかもしれませんね。アメリカに行って友人と飲みにいく場合、つまりバーに行く場合はまず夕食をちゃんととってから、その後にバーに行きます。

ディナーをちゃんと食べて腹ごしらえをしてから、飲みにいく。胃に食べ物が入ってから飲みに行くので、アルコールの吸収も遅くなります。日本だと食べる事と飲む事は同じ意味ですよね。

これからはアメリカンスタイルで飲みにいくといいかもしれませんね。