small__4774087006

いきなりですが、あなたは世の中にはどんなToDoアプリがあると思います?

たくさんあるにはあるけど、なかなかベストなTodo管理方法(やることリストの管理)って見つからないですよね?

こんなこと、あなたは経験してませんか?

新しいアプリがiPhoneやAndroidで出るたびにインストールして使ってみます。使い始めは順調にする事リストを作成していくのですが、3日ぐらい経つと見向きもしなくなっていたりする。。。

原因は人によって違いますよね。私の場合でいうと、ToDoには書くのですが全てのタスクが人依存(外人依存)になります。早くて一ヶ月、遅いと半年かかってタスクが完了するってことも頻繁にあります。

私の場合、扱う製品が多い。開発に関する案件でToDoがたくさんある。障害対応でのToDoがたくさんある。国内からの依頼で発生するToDoがある。もちろん国外発信でのToDoもたくさんある。

ToDoに毎日10個ぐらいタスクが追加されていきます。全項目を入力しているうちに嫌になってしまうのです。数が多いのでアプリに入力していっても全体を把握出来ず、チェック漏れが発生しちゃいます。

私の性格がだらしないということも理由の一つです。でも、件数が多すぎるというのもあります。結局私が落ち着いたのは下記の手法です。

A5のシステム手帳に細かくタスクを書き込んでいく。やることが発生したら、すぐに書き込む。そのタスクが完了したら該当の行にチェックマークを付ける。

ただこれだけです。結局アナログに戻ってきました。A5のシステム手帳の見開きは結構なスペースがあります。これならたくさんタスクがあってもぱっと見どれが完了していないのかが一目瞭然です。

medium_183842413

ですので、やる事リストが毎日たくさん発生する。一つ一つの終了時間が長い。という方にはA5のシステム手帳方式がオススメです。アプリに打ち込む時間を節約出来ますし、たくさんのやる事をリストをパッと見渡せます。

ということで、当初使い始めたのが下記のiPhoneアプリです。

WunderList

mac, win, iPhone, Android間でToDoの共有が可能です。で、かなりシンプルで使いやすい。

全てアプリで提供されるので、オフラインでも使えます。他に色々とToDoソフトがありますが有料だったり多機能すぎて使いづらかったりしました。WunderListはシンプルで無料です。

無料というのが一番大きいです。しかも使いやすい。他機種間での同期も可能。

すばらしいです。

すばらしいけど、やっぱり私はアナログに戻っちゃいましたが。。