家でやるならともかく、混んだ電車の中で英語の音読をやるとは・・・すごい・・・。それだけで、かしこそうな雰囲気をかもしだしています。。

ちょっと横目で参考書を見たら、フレーズ集でした。in terms of であれば、それを使った分がたくさん載っている感じです。

で、気にしないでいて、ふと横を見たら。。。寝てました。。。:)

眠っちゃうのかよ。おい。。と思ってしまいました。これ、理由は簡単です。ただの暗記なんですよね。いくら最初にやる気があってモチベーションが高くても、あったかい電車の中で座っていればそれは眠くなりますよ。。で、ただひたすら覚えるだけですから。。。

そうじゃなくて、まずはペーパーバックやら映画やらを生で見てまずは使っているフレーズを覚えるというか、音だけ拾えるようにしましょう。で、理解できなかったフレーズだけ、ちょっと調べてみます。DVDやbluerayでしたら英語字幕も付いています。

英語字幕がない場合は、音を覚えてますよね。スペルはわからないけど、なんとなく音を拾ったという状態です。その音を強引に英語にして、googleで検索してみましょう。スペルが多少間違っていても、google君が、あなたが入力したいのはこれですよね? ってことで、勝手に賢く候補を出して、それで検索してくれます。

うまくいけば、ちゃんとしたスペルの単語を見つけられます。あとは、iPhoneのSiriという音声入力にそのままその音を入れてみましょう。これも自動補正してくれる(と思っています)ので、やっぱり候補をあげて検索してくれます。

ということで、参考書でガンガン暗記しても眠くなっちゃうし効果が薄いと思います。それよりは実際の外人の会話から、使っているフレーズ・音を拾い出して、調べたほうが頭に定着します。理由は、あの映画のここでだれだれという俳優がこのフレーズを言っていたよな。。。ってことで、情景も一緒にインプットできるからです。

ちょっと試してみてはいかがでしょうか?