medium_333126969

US GAAPというのは、米国会計基準の事です。アメリカでは、有給が消化されない場合は、買い取るという決まり?があるらしく、アメリカの会計基準では有給残は費用になってしまいます。

日本ではそんな制度はなく、掛け捨て?なので全く問題ありません。

ということは、USGAAP上、数字を良く目せる為には、社員に頼んで、有給をとった事にしてくれませんか?としないといけません。

いけませんというか、そういうことをしちゃダメなのですが…日本の会計では利益が出ていても、有給とってない社員がたくさんいるだけで、それがマイナス計上されてしまうわけであり…

結果、社員特に給料が高い人に有給を捨ててもらう、もしくは実際に有給をとってもらうという運動をする必要があります。

売上を上げろ!といってるそばで、有給とってくれませんか?という…ちぐはぐな事になっており…

だから捨てるしかないんですけどね…他の会社もそうなのかなと思ったり…

有給取れないぐらい忙しい方がいいのか、有給がちゃんととれるちゃんとした会社がいいのか?
あなたはどっちがいいと思いますか?

米国会計基準というか、アメリカでは当然の権利ですよね。日本だと代休を先に取りなさいと言われることがあります。有給と代休、両方ある人は湯級を優先して使ってはならない。代休から消化せよ。会社の命令で休出したのに、その代休を全て取れっていうのは・・会社という観点から見ると、代休は取って欲しいのですが。。。

米国会計基準と日本会計基準の違い

有給休暇の買い取り