外国の人と毎日のように電話会議をしています。
他の国の方との会議ではそんなにないおですが、アメリカと電話会議する場合かなり高い割合でサイレンがなっています。

日本が朝ということは、アメリカは夜ですので多少納得するわけですが、サイレンがなっている割合が高いです。都会に住んでいることはなく、田舎でも結構な割合でパトカーのサイレンが常に?毎晩なっているような気がします。

こちらも人のことを言えません。田舎に住んでいるので、豆腐屋のラッパが聞こえたり石焼きイモの声が聞こえてきたりチリ紙交換の車、灯油を販売する声、いろんな声が相手に聞こえてしまっています。

あまりに恥ずかしい時はmute つまりスイッチで消音するのですが、どうしても相手に聞こえてしまい、たまに聞かれてしまうのです。あの音はなんだい? で、時間に余裕があれば説明します。意外にこういうことを説明したり、逆に自分からあの音はね、さおだけ屋さんなんだよって説明します。

こういうやりとりが、外人との距離を縮めるチャンスです。お互いの文化もわかって面白いですし、以後、電話会議で時間が余った時に、そういえばこないだの豆腐屋だけどさー、そっちの国にも自動車や自転車で豆腐売りにきたりする? てな感じで質問していくとだんだんと仲良くなって行きます。

あと多いのは相手が夜、自宅から参加しているために子供の鳴き声なども聞こえてきます。ごめんな、子供がうるさくて…という会話もしょっちゅうします。あとは、相手がスターバックスみたいなカフェで電話会議に出席しているが為に、周りの音がうるさくて聞こえなかったり、ひどい人だと犬の散歩をしながら電話会議に参加する人もいます。日本では考えられないことですが、こうやっていろんなことを知り、質問し、経験していくことで結果、英会話が上達し外人の友達も増えていきます。

楽しいでしょ?

とりあえず、毎日でもいいから英語をしゃべることが大事です。私の場合は強制的にほぼ毎日、英語をしゃべる環境にいますので英語力をキープできていると思いますが、そういう環境にない方が多いと思います。会社でもどんどん英語が必須になってきていますので、英会話力をアップさせないといけません。

Skypeで英会話が学習できる、格安のオンライン英会話スクールで毎日5分でもいいから、英語を話してみてください。

毎日誰かと英語で喋るだけで、自分でもびっくりするぐらいすぐに英語をしゃべることに抵抗がなくなり、上達のカーブが急になるのを実感するはずです。お試しあれ。