medium_3499471010
昨日、電話でイギリスとの面接をしました。

といっても、私の話ではなく面接に来て頂いた方に参加していただきました。
1次面接を通過して二次面接は、イギリスの方との面接です。直接の上司になる方です。

面接に参加された方は、英語がぺらぺらではなく単語レベルでの会話と多少の言い回しを使えるレベルです。一緒に参加していて何度もヘルプしたい衝動にかられました。なぜかというと、かつての自分を見ているような気がしたからです。

言いたい事はあるけど、どもって単語が出てこない。
何度も言い間違える

しかし、その方はゆっくりでも何でもがんばって喋り続け、最後まで回答されていました。
まずそこが高感度です。その方実は英語はあまり得意ではないが、他の東南アジア言語が得意な方でした。その言語を学ぶ事自体がとても難しいと私は体感的に知っています。ですので、今は英語が得意ではないですがなれれば喋れるようになると、確信しています。

しかしながら、決めるのはイギリスの面接官です。普通でしたら、この英語レベルですとまず駄目だと思います。しかし、その方が持っているスキルや経験値がこちらが要求しているレベルに合致していたので、もしかしたら合格知れない、そんなレベルです。

英語でその方がしゃべっていたのは、下記の事項です。

  • 自己紹介
  • 今までどういう会社でどういう事をしてきたか?
  • イギリスの方から、今までの経験について細かい質問がありそれに回答

また、イギリス人とはいいながら生まれは方でしたので、発音が特殊なのもあってうまく聞き取れない部分がありましたので、聞き取れなかった部分は、「聞き取れませんでした」と誠実に答えていました。その部分については、同席した日本側の人間が一部通訳をして対応しました。

元々、あまり英語がしゃべれませんということで事前にお伝えいただいているので、そういった対応がこちらも出来たと思います。これが自分は大丈夫ですと言い切っておきながら、今回のように目の前であたふたしてしまうと、その場でアウトになります。

今回は英語があまり喋れなくても大丈夫という条件だったので、何とかなったというのもありますが、誠実という事はとても大事ですね。

皆さんももしかしたら、上記のように外国人と電話で面接ということがあるかもしれませんがまずは誠実に答えきるということを念頭におかれることをお勧めします。

実は、周りに日本人がいてその中で外国と電話面接するというのは少ないかもしれません。一般的には、外国の方と一対一で電話する場合が多いと思います。その場合は今回のようなヘルプが得られないので、かなり厳しいかもしれません。。