今、イギリスが主導で日本での採用活動をしています。

– 英語がペラペラ
 電話会議に一人で出る事ができる程度

– スキルA
– スキルB

こういう人を探しているのですが。。。これがなかなかいない。。

英語がペラペラな人だけで探すと、とんでもない人が応募してきます。
英語が喋れる以外に他にこれといった特技もない人がかなりたくさんいらっしゃいます。

139015502

恐らくは学生時代に留学をされたのだと思います。英語はペラペラなのに、なんで今この仕事をしているの?
もっと上の年収でもおかしくないのに。。という方が大半です。

諸事情があって今の状況になっているのは理解しますが。。。英語が公用語になるような会社もあって
学生時代に留学しておかなきゃって人、たくさんいると思いますが、企業の採用担当の方も薄々気づいていると思います。

英語ペラペラな人はそれだけの可能性が高いと。。もちろん、英語も堪能、ビジネススキルも高いものを持っているという人もいます。
でも、そういう人はなかなかマーケットに出てきません。

もちろん、こちらで探している給与レンジがちょいと低いというのもありますが。。。

アメリカ人にしてみれば、英語がしゃべれるだけでなんで年収が高くなるのか?といってもあまり理解されません。
逆に日本サイドにしてみれば、英語が喋れてちょっとした経験があるだけで、年収がグッとあがってしまう。でもそういう人を採用してうまくいった記憶があまりない。。

という相反する状態になってしまいがちです。

80608146

どちらに比重を置くか採用前に外国も含めて意識を合わせておくことが大事です。

英語ペラペラで仕事できない人を採用して後で教育するのか?
英語はダメだけど、ビジネススキルはある人を採用して英語を教え込むのか。。。

私は後者を採用したいですね。。
結局英語なんて、ただのツールでしかないですし、やっているうちにだんだんとなれてくるはずです。
もちろん、そこには血のにじむ努力が必要で、赤面することもたくさんあるだろうし、他ではない苦労もすると思います。
英会話教材にもかなりの投資もするでしょう。

でも、そうやって苦労して身に付けた英語・英会話力は結構忘れないものですし、生きた英語が身につくので
外人にもわかりやすかったりします。日々、教材によるたゆまぬ努力と実戦経験のミックスが
英会話力向上の基礎だと思います。