せまい会議室に10名。色んな角度から、コストについて精査が入りました。

目標とする削減額をどこからひねり出すか、という点と残した場合にどれぐらいのレベニューが維持でき且つその成長率はどれぐらいか、という議論でした。

日本だけではなく、フランスも同じ状況です。とにかくコスト削減! いくつか二重に計上していたコストがあったのでこれを削ったり、予めこういう事を見越して私の方で削減しておいたコスト、などが評価?されたのか、大分喜んで頂けました。

当初予定していた削減人数の半分になりました。日本ローカルの要求とGBSの要求が違ってくるので、これからの調整が面倒です。お客様に面している部分の人達が考える残したいプロダクトと、全くそういう事が関係なくシステム的にどこを削れば最大限の効果もしくは最小限のダメージになるか、ということしか考えてない人達が考えるプロダクトは全く違う訳です。
82557020

偉い外人さんは今日で終わりですが、まだ8人残っております。この人達があと2日います。来週は4人が残ります。私は二週間も監禁状態です。その外人との会議の合間に、製品が突然終了することで激怒しているお客様に謝りにいかないといけません。。辛いけどそれが仕事です。

取り急ぎ、削減人数が予想している数より少なかったのでホッとしています。ただその人達の肩たたきをしないといけないのはやはり精神的に辛い事です。。辛いけど、他部署も同様にリストラ予定なので逆に言いやすいかも。。でも、その最後の一言を言うのは辛いですよね。

同じ思いの人、世の中にたくさんいますよね。。。