今回の外人の来日で今までより一層、外国との結びつきが強くなった反面、個々人の英語力が問われるようになりました。いままでは、私か別のマネージャーがすべての電話会議に出るということをしていました。

何故ならば部下の大半は片言の英語しかしゃべれないからです。ただ、最近一人だけ抜きん出てきた女性がいます。性格はガテン系、英語路は全く無縁だったのに会社の状況、仕事の内容上どうしても英語にかかわらなくてはいけなくなった彼女。

ただ、ガテン系なだけに根性がすわっています。とにかくマイペースで伝えたいことをつたえる、単語だけの英語で。。伝えたいという情熱が伝わってくる。。また、最初はしませんでしたが絶対に電話会議で同席するはずの上司がワザと急な用で電話会議に同席しない、という事象を作ります。

本人はビビリまくって、最初はアタフタしていたそうですが途中から開き直り、これを伝えないと話にならんと思い込み、内容を正しく伝えることに集中したそうです。

そうすると、指摘ポイントや質問が的を得ていたということもありますが、相手にその情熱が伝わりまた内容を適切に伝わったそうです。そして、自分が意図していたことが正確に相手に伝わったということで本人の自信にもつながっているようです。

英語、英会話をマスターしないといけない部下をお持ちの方、私はこう思います。やらなければいけないのは教材やスクールの選定やオススメではなく、人それぞれで違うであろうやる気スイッチをどうやって押してあげるか?にかかっていると思います。

そのスイッチがどこにあるか全くわからない場合もあると思います。その場合は、相手とよく話してどこが急所?どこが、ネックになって英会話習得に関してつまづいているかをかみ砕いて、相手に教えてあげることが大事だと経験上思います。

誰氏も嫌いな英語を勉強するのは気が進みません。英語ができるとどういう人生があなたにまっていて、この会社をやめてもこんな可能性が広がって。。。みたいな夢物語を一人一人に合わせてプレゼンしてあげるといいと思います。

photo credit: Barack Obama via photopin cc