ケーブルテレビで放送しているドラマを英会話学習の一環としてよく見ています。ここに挙げているものはちょいと古いのでいろいろと反論ありそうですが、基本は物語を楽しむ事が一番で、その次は主人公の声で何をしゃべっているかを注意深く聞く、聞き取るといったぐらいです。

MacGyver

Richard Dean Andersonが主演の冒険活劇です。
毎回、無理難題の事件が発生しとんでもない危機に陥るのですが知恵を絞り、道具を使用して相手を倒したり危機を乗り越えたりするという爽快感あふれる番組です。

その道具というのが普通の道具ではなく現在自分の環境にあるもので最も効果的な道具を作りだすという個所がこの番組の最大の魅力であると思います。シリーズものになっていて結構な話数があり楽しめます。

これを英語バージョン(副音声)でビデオに撮り、家で暇な時にみていますが、結構きれいな発音で勉強には最適かな、と思います。

まず、第一に内容が面白い。できれば日本語で見て内容を楽しみたい所ですが、この内容を知りたいという欲求、これが大切です。聞きとろうとして聞くと結構わかるものです。

例え最初は全部聞き取れなくても、物語が面白く、見たいという欲求がありますから、必ず徐々に聞き取れるようになります。とりあえず最初は日本語で内容を楽しまれることをお勧めします。

ThunderBirds

昔、子供の時どっかのTV局でやっていました。最近ではケーブルテレビで放映しているのを見かけました。INTERNATIONAL RESCUE(国際救助隊)が様々な国(といっても戦争などのない中立国)の色々な危機(個人の利益とならない)をTHUNDERBIRD1号~5号までのスーパーマシンを駆使して救助するという大変面白い番組です。

みなさんご存知の方も多いと思います。あの勇ましい音楽が特徴で私も大好きな洋画の一つです。
面白いのですが、人形活劇の為、しゃべっている口もとが常に同じで言っている事が把握しにくい、ということが言えると思います。

外国人と話すとき、口もとを見てしまうのは私だけでしょうか?唐突ですが、これはオーストラリアのHoliday in desertというホテルでの出来事です。ボーイが通りかかったので、困った顔していたらMay I help you ?と向こうの方から声をかけてくれました。私のBaggageがすぐに運ばれてこないのを不思議に思い、Our baggage is not carried yet. Where is my baggage ? と聞いたときの話です。(Where is..は言ってないかも (^^;)

どういう単語を言ったのかはわかりませんでしたが、ボーイが後で運んで来ますので安心してくれ、みたいな事を言っていたんだと思います。単語は全て聞き取れた(と思う)のですが、聞き終わった直後はそれぞれの単語の意味はわかっていないのですが会話の趣旨が理解できました。それから時間差でそれぞれの単語の意味がついてくる、といった感じです。同じ事が電話であったとしたら全然意味がわからなかったと思います。

全くもって余談ですが、なぜわざわざこんな事をきいてしまうのかというとオーストラリアには後輩の結婚式で行ったのですが、ツアー・パックと違って、飛行機のチケットとホテルの予約のみで臨みました。

ですので日本人ガイドもいません。全て自分でやらなければなりません。ガイドがいればbaggageにも注意を払ってくれて心配なんかなーんもないんでしょうが、個人だと全部チェックせねばなりません。

実際、シアトルのホテル(シアトルタワーの近くにあるホテル、名前失念)で部屋にチェックインしたあと1時間ぐらい待ってたんですが全然自分のbaggageが来ないじゃあーりませんか。おかしいなーと思って、ポーターセンターに聞きにいって質問したところ、ありましたよ!奥の方に・・。なぜじゃ?と聞いたところ、日本人のツアー客と間違えたんだそうな・・・。ふざけんじゃねー!おかげで盗まれたとおもったろー、このやろー (–;

おおっと口もとの話でかなり引っ張ってしまいました。ごめんなさい。つまり、電話だと相手の口元がわからないので、不明な単語を口の動きを見て予測するっていうのが難しいですよね、ということが言いたかっただけです。

KnightRider

David Hasselhoff主演で、K.I.I.Tと呼ばれる人工知能を積んだ車に乗り、悪を退治するというこれも私にとってはすばらしく面白い番組です。

この番組の行方はわかりませんが、Night2000と呼ばれる車が味噌で多分、Trans am Pontiacだと思います。(Knight Rider onlineというサイトを発見しました)

実際の排気量は5000ccだと思います。番組中では2000ccで恐ろしく燃費が良く、ボディも特殊コーティングが施され車がぶつかってきても、へこみ一つできないという代物です。

この車は、LosAngersのUniversalStudioに飾ってあり実際に中を見ることができます。この車はフロント中央にLEDが何個かうめ込まれていてこれが左右にいったりきたり点灯します。このキットが外国で発売されていましたが日本での搭載は道路交通法上、難しいでしょう。


この車さんの発音が非常に綺麗で聞き取りやすさは一番ではないでしょうか。なんてったって機械(マシーン)の発音ですからね。聞き取りにくかったらまずいですよね・。

STARTREK

これは言うまでもなく有名です。StarWarsと並んで宇宙もののTVシリーズならびに映画です。米国でもかなりの人気を誇り、毎週テレビでやっていました。一番有名なのはMrスポックでしょう。

新STARTREK、VOYGER、DEEP SPACE NINEという順番で続いていると思います。米国では1999.9現在、新STARTREKとVOYGER、DEEP SPACE NINEをテレビでやっています。私も最近、強烈なファンになってしまったのですが、魅力ははたしてなんでしょうか。

新STARTREKは全部で176話とい長編で長い間楽しめるところでしょうか。出てくるキャラクターも個性たっぷりで人間性も描かれているし、メカ的にも面白い。見れば見るほど味が出てくる作品だと思います。映画でも頻繁に新作も出ていますしねー。個人的にはWARFとDATAが好きです。

おっと、英語の勉強の話ですね、これは発音がはっきりとしていないような気がしますが気のせいでしょうか。とりあえず日本語翻訳したものを見てから英語版を見た方が良いでしょう。

私の場合、現在(1999.9)ケーブルTVで放映されているのでこれをビデオにバイリンガルでとっておいてとりあえず日本語訳で楽しんでいます。あとで時間があるときに英語版を楽しもうと思っています。一粒で二度美味しいってやつですね。


いやー、ホント見た方がいいと思いますよ。私は。