IMG_1163
この写真は、アメリカ本社に出張した際に、company olympicと題した運動会をやっていたので参加した際の写真です。

金曜日の午後はほぼ全社員が参加しました。数百人従業員がいますので、オリンピックにならって国ごとにチームを分けて各種競技で点数を競います。参加していないで、見ているだけだとバカバカしいかもしれません。ただ、参加してみると楽しいですし、知らない人とも友達になる事が出来ました。

というか、あちらから喋りかけてくるんですよね。ここで知り合ったインド人とは今でもつながっています。いろいろとよくしてもらってます。

仕事をしているといろいろな困難に打ち当たりますが、普段からこういった感じでチームワークをお互いに認識出来るイベントをやっておけば、普段では超えられない壁を超えルコとが出来たりしますよね。

言葉の壁はありましたが、それを超えて楽しかったですし何よりも同じ時間を共有出来たというのが、とても良かったです。昔々の日本では社内運動会とかがよくあって、誰も不平不満を言わずに参加したものですが、今は違いますよね。社員旅行は嫌でも社内運動会は参加してもいいんじゃないですかね。

facebookだなんだかんだ電子的なつながり、軽い・ゆるいつながりもいいけど、これからの荒波を乗り切るには強固な信頼作りが大事だと思います。そのためには、こういったイベントを定期的に行うべきだと思います。ただし、社長や上司からの命令でこういった類いの催し物をすると、若い人はまず参加しませんしおやじだけが盛り上がる変な会になる危険性がありますので、運営チームを若い男女で構成し、プロジェクトチームで企画を考える、なんてやるとうまくいくかもしれません。

今の時期だったら花見ですかね。男性よりも女性の方がハードルが高いようです。公園のトイレが汚いであるとか、混んで混んでどうしょうもないであるとか。。そういう花見はお店が近くにあり且つ、外で花見が出来る場所を選定する方がいいと思います。女性はお店で男性は外で、気が乗った人は二次会に・・なんてのがいいかもしれません。

お互いに普段とは自分を見せ合う事が出来て、そこから仲良くなったりこのイベントがきっかけでコミュニケーションがスムーズになり各プロジェクトがうまくいく、ということもたくさんあるはずです。要は「気持ち」のベクトルを上向かせるだけで、色んな事がうまく行くんですね。病は気からっていいますよね。
photo credit: JWas via photopin cc