medium_3263877213

本日は春一番でも吹いたのでしょうか。強風で電車が遅れまくっていました。

私はといえば、余裕で間に合うと思った電車が強風で止まり、次の電話会議に間に合いませんでした。たまたま電車内では席に座っていましたので、すかさずiPhoneを取り出しSkypeを起動、電話会議の番号に電話しました。

私のSkype契約はアメリカにかけ放題で、約700円/月というものです。アメリカの番号にかけます。その後にpass code(participant code)を入れるのですが、どうしても入らない。。。今まで成功した場合もありますがほとんど成功しません。

今更ながらひらめいたのは、マイクから雑音を拾っているのではないか、ということです。muteボタンを押し、その上でダイアルパッドからpass codeを入力したらうまく電話会議に参加できました。

ただ、電車内からの電話なので大声で話せません。取り急ぎ、聞くだけモードになっていました。ただ、ところどころ話したい場面がありました。ちょうど運良く電車が動きだし、次の駅に停車しましたのでいい席を確保していましたが電車をおりました。

降りたホームでmuteボタンを解除して電話会議に参加しようと思いましたが。。。強風でものすごい音が聞こえますし、ホームのアナウンスもひっきりなしに聞こえます。そこで、まずは階段を登って風の影響を受けない場所に移動しました。そこならば多少のアナウンスは聞こえてしまいますが、自分が大声で喋れば大丈夫だろうということで、そこからjoinしました。

今回は、3G接続でした。LTEではありません。でも、そこそこの音質で電話に参加する事が出来ました。相手も私の喋っている音声がちゃんと伝わっているらしく、ちゃんと会話は続きました。今までもSkypeでアメリカの番号に電話して電話会議に参加してきました。ただ、その場合は自宅のwifiか、オフィスのwifi経由でした。外部しかもLTEではなく3Gからの接続では成功した経験がなかっただけにビビりながら接続しましたが、うまく音声が聞こえたようで安心しました。

どうしても、wifi環境がない外部からアメリカに電話をしないと行けなくなったときは、風の影響を受けにくい場所に移動する事となるべく電波をちゃんと受信できそうな場所へ移動することをお勧めします。開けた場所、1階より2階、2階より3階ということでロケーションがいい場所に移動する事で、電波感度がよくなりそれだけ音質が良くなります。

みなさんもいざという場合には上のような環境を作って、チャレンジしてみてください



photo credit: Per Olof Forsberg via photopin cc