3/10の夜22:00から約1時間程、ウェブキャストで就任プレゼンがありました。ベースはアメリカのフロリダです。どうやら人数が多すぎて、カフェテリア(お昼を食べる所)で執り行っているようです。何度か行って、そこでご飯食べたことがあるからわかるけど、すごーい広いんです。でも、そこが人でいっぱいになってました。

そのフロリダだけで4,000人ぐらいが働いているって言ってたから、まぁ納得というか。。。全員が参加出来る分けないですよね。。で、世界100カ国以上に会社が点在しているのでアメリカ以外からは、web castを使っての就任インタビューでした。

プレゼン資料を用意してのプレゼンではなく、新しくTOPが変わるのでそれに対する質問に答える形で進行しました。また、ものすごい質問攻めに会っていました。

medium_5165029701photo credit: vancouverfilmschool via photopin cc

  • 今後、会社はどこにfocusするのか?
  • 自分は○○部署で働いているが、そこで扱っているプロダクトについてどう思うか?
  • そこにfocusって言っていたが、具体的にはどういうこと考えているか?
  • 会社的には、2つに分かれているがどうやって協業していくか教えてください
  • 前のCEOはこんな方針でやっていたけど、それを聞いてどう思う?
  • NYに住んでたってさっき行ったけど、この辺ですか?

とまぁ、日本と違って質問が出るわ出るわ。。。これが普通なんでしょうね。。。質問の数を数えてはないけど、15〜20個ぐらい出たかな。。

  • 質問をすることで、質問者が自分をアピールして自分を覚えてもらう
  • 本当にこの会社は大丈夫なの? オレが試してやるぜ
  • 自分が働いている部署は大丈夫か? 自分の仕事はこの先、大丈夫かが知りたい

新しく来たえらい人(CEO)が、この先どんな大なたをふってくれるのか。つまり今、自分が仕事や会社に持っている不満は解消するのか。場合によっては、不採算事業を切ったり、自分が得意とするエリアにフォーカスするために、関係ない事業に投資することを辞めたり、いろいろです。

この人がよく使っていた言葉を以下に挙げます。

  • differentiate
  • innovation
  • delivery
  • I’m a big fan of ..
  • nuts and bolts(仕組み)

differentiate(差別化する、違いを出す)、innovation(革新)はよく聞く言葉ですよね。あと、耳に新しかったのがdeliveryです。これは、プロダクトを出すよ出すよと言っておきながら、延び延びになってお客様から怒られたりとか。。それはinternal client/external clientどちらに対してもです。要は、ボクは就任して間もないけど、この会社のまずいところ知っているよ。改善するから安心してね。という温かいメッセージだったのです。

medium_7004084680photo credit: Scott McLeod via photopin cc

色んな人が質問をしてきます。その度に、This is a good question, nice question, thank you for the question、などと、質問してくれてありがとう。質問をしていただいたおかげで、ボクの事をみんなにより知ってもらう事が出来るし、答えを用意していなかったものに対して質問をするので、ボクの内面をみんなに知ってもらう為にはとてもいい機会だ、的な。。。感じです(そうは言ってませんが、ニュアンス的に。。ね。。)

こんなにたくさん質問されたら、日本人の感覚だとすごく疲れちゃうけども。。全然問題なし。何回でも何問でも答えるよ!という雰囲気。とにかくどんな質問をされても堂々と答えるその姿に感動しました。すごい。。素直にすごいと思いました。声のトーンや大きさも丁度いいし、身だしなみも丁度いい。。全てが普通で、逆にいいんです。自分もあんな風に答えられたらなーと思いました。

年齢がですね。。。私と同じなんですよ。。。あんなに偉い人が同い年で英語で(当然ですが!)ペラペラしゃべって、堂々と質問に答えている。。。あの堂々さが欲しい。同じ歳なのにすごい。。

でも。。。人は人。。。同じ年の彼の部下で歳上の人もいっぱい居るし。。。日本においても私より年下なのに尊敬出来る人、まわりにもたくさんいるし。。。年齢じゃないんだよね。。素直に受け取る気持ち。素直にすごいなって思える心。それが大事なんだなーと。。

皆さんは素直な気持ち、持っていますか?