最近の一連の記事を見ていただくとお分かりと思いますが、とにかく今現在の私の環境において英語を話す機会に恵まれておりません。会社では管理職をやっておりそれなりに話す機会が本来はあるはずなのですが、会社の特殊な事情によりあまり英語を話す機会がありません。最初は、電話会議に意味もなく参加して無理やり話す機会を作ろうとしましたが、あまりうまくいきませんでした。

これは潔く諦めて別の方法をとることに心を決めました。まずは近場に住んでいる外人と友達になることでした。すぐに友達になれると思いきやほとんどの人は出会い系として使っているサイトやアプリが多く、英語を話す上で勉強になるような人と出会うのにかなり時間がかかりました。

Conversation Exchange

medium_2715583000photo credit: Ed Yourdon

私は男性ですが、女性に友達申請をすると100%に近い確率で返信が返ってきません。また、男性に友達申請をしてもこちらも全く返信がありません。女性にしてみれば、私は若くない(文面から恐らく)ですし、プロフィールの写真も格好良くないわけですから即却下であり、男性にしてみれば、女性からオファーがくるのを待っているのに40過ぎのオッサンから友達申請が来ても無視するだけです。もっというと気持ち悪いと思われていると思います。

なので、女性でも男性でも相手が出会い系以外の目的で日本人の友達を探している場合に限り、replyがもらうことができ、そこからお互いのやりとりが始まります。ですが、真面目な人に行き着くまでにたくさんの失敗を乗り越えないといけません。めげずに何度も何度でもトライすることが重要です。

私の場合、3ヶ月間トライしました。断られた人数が多すぎてもはや何人に断られたか分かりません。。40〜50人ぐらいにメッセージを送信しましたが誰から何のメッセージもありませんでした。

こんな苦労をするのであれば、オンライン英会話スクールで英語をしゃべる相手を探せばいいじやないか?と思われる方がいると思います。

medium_2614537337photo credit: kerfern
仕事ならまだしも、プライベートの時間まで決められた時間に何かをやるというのはどうも自分の性格からして性に合いません。また、仕事柄、突然夜に会議が入ったりする関係で、毎回とは言わないまでもかなりの頻度で相手にリスケのお願いをしないといけません。

いつでもどこでも自分が好きなときに英会話の訓練ができればと思いまして、常日頃からそれが実現できる教材であったりサイトなどを探し続けています。そしてすぐに実践をします。

ただ、どれもこれも情報のインプットが中心です。すぐに飽きてしまったり長続きしなかったりします。アウトプットをすればいいのですが、筋トレのように一人で黙々と同じフレーズをしゃべるのも、やはり飽きてしまっておりました。インプット中心の勉強は受身になりがちですし、なんといっても眠くなってしまうのです。。

そんななか、わたしにとっては画期的な方法を発見しました。これは革命に近いです。大袈裟ですが。

むりやり話すべく会社での関係ない会議にむりやり参加したり、ワザワザ外人の友達を作って自分の時間を削って会いに行ったりする必要がなくなる方法を発見しました。

セルフトーキング英語学習法

なんで画期的か、私なりに感じていることを列挙します。

  • 自分の好きな時に好きな場所で実践できる
    • 毎朝自宅から最寄駅に歩くまでの時間、帰路において人が少ない時
  • 日常会話中心なので、外人と話すときのイメージトレーニングになる
    • 自問自答していくので、昨日何食べた?から始まり、日本語でいつもしゃべっていることをあたかも目の前に外人がいるかのように、話すことができる
    • 日本語でよく使っている単語、フレーズが英語では言えてないことに気づき、結果自分のボキャブラリーが増えていく
  • 安い!! (500円買いきり!)

自問自答するんだから、そんなのお金を払う必要ないでしょ!と思われますよね。その通りです。ただ、継続して続けるためのヒントを教えていただけますし、何より「自問自答して英語力をキープする」手法を私に気づかせてくれたことのメリットが大きいと考え、喜んで500円を払いました。

500円ですよ。。。世間に出回っている教材でこんな安いものがありますでしょうか。。しかも、この教材を作っている方は自分の英語力をこの手法でキープしているとのです。

medium_10128743054photo credit: templelogic

私はかれこれ一ヶ月ほど実践しております。明らかに効果があります!!いきなり外人が来社して英語で話をしないといけない時や、突然電話会議にjoinせよと言われて参加し、久しぶりに実戦で英語を喋らないといけないシーンに多々出会っておりますが、その効果を肌で感じることができました。ただ、散歩や通勤途中で行う場合は気をつけてください。独り言を言いながら歩いている危ない人、と認識される可能性もありますので。。

どうしても、他人に知られるのが嫌だなーという方は下記をご参考に実践してみてください。

  • マスクをする
  • 声に出さずにささやき声でしゃべる。ささやき声で話すことでも同じ効果が得られます
  • スマホを手に持ってイヤフォンで何かを聞いているフリをする(英語の教材を聞いている風)
  • 英語教材本を手に持って実践する(上記と同じ理由)

この手法を試す前は、実戦で1,2週間ぐらい英語を喋っていないと、時間が空いてしまったとの電話会議において英語を喋る際、その最初の方ではフレーズや言い回しが全く口から出てきませんでした。喋り始めて5〜10分ぐらいすると昔取った杵柄ではありませんが、口の筋肉が以前の動きを思い出し、喋れるようになるという始末です。

会議の冒頭で英語が話すことができない状況であったのが、このセルフトーキング英語学習法を実践し始めてからというもの、会議や電話の冒頭からちゃんと英語をしゃべれるようになりました。この方法になんで今まで気づかなかったのだろうという悔しい思いと、これで残りの人生において「自分の英語力が下がってしまう、どうしよう。。」という不安に思う気持ちを今後は持たなくていいんだ、と思いました。

みなさんも騙されたと思って実践してみませんか?

PS: そういえば.. 外人と友達になるという話で思い出しました。最寄り駅でいつも見かける男性の外人がいます。バーでも何度か見かけました。ある英会話の集いでも見かけました。でも、なんだかいつも酔っ払ってるんですよね。。。今度声をかけてみようかな。意外といいお友達になるかもしれませんし。。