現在の経済状況

改めて語るまでもなくとても悪い経済状況が続いております。給料が上がるなんてことはまずなくて、どちらかというと右肩下がり?で下がっていってる状況。私のところもご多分にもれずかなり減りまして、生活自体の見直しを迫られている状況です。

そんな中、自分の給料をsustain(維持)するために何が必要か。。これはこのページをご覧になっている方も常に考えられていることではないでしょうか。。

どうすれば給料アップもしくは維持ができるのか。

みなさんの会社でもこんな感じなのではないかということで維持する背策を考えてみました。

1. 資格を取る
TOEICである特定のスコアをとると毎月給料が1万円あがる。またはそれぞれの職種で要求される資格を取ることで給与があがる。

 

2. 転職する
今の会社の給料よりも多く払ってくれる会社へ転職する。これはよほど自信がないとまず無理ですよね。転職に成功したとしても長続きするかどうかもわかりませんので、かなりリスクを伴います

medium_3539195377
 

3. 副業をする
土日に警備員やコンビニのアルバイトなどをする。これが一番確実ですが何より休みに休めませんし、会社によっては副業を禁止している場合があるので、見つかったらそれこそ一大事です

上記を見比べてみますと、「1.資格を取る」が一番リスクがかからずに取り組むことができるのではないでしょうか?

では、資格を取るということを目標にします。しかし、勉強することだけを目標にすると意外というか当然ながら長続きしません。つまり、「海外旅行に行って英語がペラペラに喋れる」という自分にわかりやすい目標を立て、それが実現した結果TOEICのスコアもあがっていた、という感じでで勉強してくのがよろしいかと思います。

話は変わります。

うちの会社にはTOEIC990(満点)、900点といううらやましい人がいます(ちなみに私は650点!えらそうなことばっかりいってごめんなさい・・)TOEICがどうのこうのという前に英語ペラペラなので、興味本位にTOIECスコアを聞いてみたらそんなんでした。。

これらの人から言えることは、英語が喋れるようになる=TOEICスコアがあがる、ということだと思います。

英語がしゃべれるようになることが、結果楽しい趣味をより楽しくすると同時に将来必ずあなたの身の回りに廻ってくるチャンスをうまくつかみ取れるようになる、そう思うことが大事なのではないでしょうか。

しかしながら、不況による給料カットでそれどころじゃないですよね。私自身そうですし他の方も同じ状況だと思います。しかし裏を返してモノを見ると、実はほとんどの人がそういう思いで生活しているわけです。逆に誰もやらないことを今のこの時期にやり、つまりは勉強して知識を蓄えておき、やがて来るだろう好況と社内外でのチャンスがあなたの周りに訪れたとき、「はい、私は英語ができます」といって手を上げられるように勉強しておく絶好のチャンス、と言い換えることができます。

英会話を会得しておく

英語がしゃべれるとどうなる?

1. 外人から会社に不意に掛ってくる電話に対処ができる。

2. 外人が来社の際に通訳を頼まれる

3. 外人を囲んでの歓迎パーティに英語が喋れるという理由で呼ばれる

いずれにしても、ハードルが高いです。。しかし、最初はなめらかにできなくともその回数を重ねたり、教材を使って何度も何度もその練習を重ねることで、あるパターンや決まった言い回しがあることが発見できますので、これを用いて応対してみると意外や意外、ちゃんと外人から帰ってきます。

ただ、最初からうまくできる人はそんなにいません。練習あるのみです。回数を重ねれば必ず上達します。これは確実に言えます。たくさん練習した分だけ見につきます。

例えば、電話の応対を勉強したいということであれば、そういう日常的なシチュエーションがたくさん物語として入っていて、自分でも簡単に復唱できる
スピードラーニング


という教材が最適です。

買い物をするときに標準的に使う言葉、電話の応対で使う標準的な言葉(少々お待ちくださいなど)、パーティに出たときに使う言葉と少なくとも自分のことを英語で説明できるようにしておかなければならない、などの常識などもこのスピードラーニングが教えてくれます。




ハードルは高いですが、普段なら知り合えない外国の要人と知り合えますし、それがそのまま会社の中でのポジションUPにつながることは間違いありません。

この時期に毎月約4000円の出費は痛すぎますが、不況の今、会社内の他の人は勉強に投資できないでいることは、勉強する人にとっては逆に好都合です。ライバルが少なくなるわけですから。。。