最近、データセンターの移行作業を外人と進めており、毎週電話会議に参加しております。その中で、いろいろ聞きなれない言葉が飛び交っております。その一つが、このデータミュールです。

wikipedia:データミュール

Wikipediaを見ると、どうやらサーバの移行をスムーズに行うリンク、みたいな意味が書いてあります。今、私が関わっているのはオーストラリアのデータセンターにあるサーバ群をアメリカのデータセンターに移管させるプロジェクトです。そのプロジェクトで一番重要なポイントはと、何事もなく(事故がなく)サービス(データ)を移行させることです。

実際にサーバを飛行機で送るのではありません。24時間稼働しているシステムがあるので、システムをほとんどストップする事なく、オーストラリアからアメリカにサービスを移行させます。つまりは、移行先には新しいマシンを用意してあります。新しい場所と古い場所で、サービスを並行稼働させておき、ある瞬間を以ってスイッチさせます。

また、スイッチすれば終わりかというとそうではありません。スイッチした瞬間から、データの送り先が変わります。
実際には、1日ぐらいは両方にデータが送信され続け、2日目ぐらいに完全移行します。その間、古いサーバにいくつかデータが送信されてしまっていますので、これをつつがなく新しいサーバに移行(data mule)してさらにそこで二次加工処理を行い・・・・という複雑なステップを踏みます。

ですので、古い場所にあるデータを新しい場所につつがなく移動させるという意味で、データミュールという言葉で会話がなされているわけです。

データミュール is OK ? みたいな、 There might be something problem during the data mule. みたいな感じで使われております。

ご参考まで。