唯一の不変なものは変化することである、ということわざ的なものですね。言われてもよくわかりませんでしたが。

その場に居続けることが本当に正解なのか?

常に変化を続けて行く事が、大事なのではないか?

変化なくして成長なし

という意味ではないかと思っています。

仕事、趣味、周りの環境、結婚など、色んな人に色んな事で当てはまりそうです。一番、しっくり来るのは仕事を変える、転職をすることについてでしょうか。

仕事を変える、仕事内容は変えないままに職場を変える。変化は辛い事です。精神的、肉体的、時には金銭的に負担がかかります。でも、冒険をすると考えれば新しい発見・経験も出来ますし、新しい仲間が増えます。もちろん、辛い事も同じぐらい多いとは思います。

リスクなしで新しい事は出来ない。将来的にたくさんの友達を得たり、たくさんの年収を得たりするには、やはり常に変化(転職)していくことが大事なのではないでしょうか?

私もそろそろ変化しないと行けない時期に来ております。外資系ばかりではなく、国内企業、ドメスティック企業に行こうとも考えております。業界も全く違います。相当なストレスがかかると思いますが、それ以上にリターンが大きかったり、何しろ楽しいんじゃないかと思っています。

楽しく、仕事を毎日続けられる。。。ある程度、年齢を重ねてしまうと年収よりも生き甲斐ややりがいを見いだす事が重要になってきます。残された人生もあとわずか。後は楽しく仕事がしたい、そう思う今日この頃です。

皆さんはいかがですか?