情報量が圧倒的に増えます

英会話(または英語での読解)が出来ると、圧倒的に情報量が増えます。何を言っているのかというと、英語のウェブサイトから情報を得ることができるようになります。また、たとえば海外旅行に行ったときに直接現地の人としゃべって、ウェブサイトや本などでは得られない生の情報を手に入れることができるようになります。

日本に届く世界中の情報は、翻訳作業を経る為にどうしてもワンステップ増えます。その動作がありませんので、会社の同僚や上司よりも早く情報をキャッチして、いろんな仕事の場面(上司と話をするときのネタに使ってみたり、新しく会う人との会話に使ってみたり、と) 差をつける事が出来ます。

また当然ですが、メールで外国にいる方とやり取りを重ねるよりも電話で喋った方が早いですよね。英会話ができれば、その場で直接相手に電話して情報を得ることができますので、メールを書いて待っているよりも早い時間遷移でビジネスを展開する事ができます。

もちろん、相手が忙しすぎたり時差の関係でこちらの営業時間があちらの深夜帯の時間だったりする場合には、メールは有効です。ただし、説明が難しい内容を何度も何度もメールでやりとりを交わすよりは、電話で話せば一発で解決ということも、よくあります。

また、たとえば社内公用語が英語になったときに、他人よりも優位に立つと思いますし、給料や雇用を安定化する事が出来ます。

テストの点が良ければ、英語ができるのか?

TOEICの点数がいくら良くてもダメだと思います。もちろん、TOEICのテストの点がある程度良ければ、それなりの英語力はあると思います。今までの企業ではそれでよかったかもしれませんが、昨今は違ってきています。英語が社内公用語になり、外国人の採用枠をどんどん増やし、円高の影響でどんどん海外に支社や拠点を作りつつある昨今、テストの点数ではなく、「実戦でいかに強いか?」が求められています。

例えばTOEICが満点で英語がペラペラな方でも、いろんなビジネスの基礎知識がなかったり、外人な考え方をしている人がいたります。そういう方は運よく入社できても、すぐクビになることもよくあります。。実際、私はよく目の当りにしております。

外人の考え方とは、俺の仕事範囲、責任範囲はここまでで、他はやらないと自分で範囲を決めてしまう人の事です。いくら周りで徹夜で仕事をしていようが、私は関係ない・言われていない・指示されていない、といってさっさと帰ってしまう人がいます。

いや、当然ながら指示されていないので問題はないのですが、部署の人数がとても少なくて、みんな困っているのを目の当りにしながら、「少し手伝いましょうか?」という声掛けもなく帰ってしまう人がいます。こういう人はいくら、TOEICが満点でも英語が流暢でも、なんというか長続きしないのかなと思います。仕事量の割には人がたくさんおり、会社にたくさん人が余っている状況であれば上記の態度で全く問題ありません。

ということで、テストだけで通用する英語ではなく、さらに一歩・二歩進んだレベルが求められている事を認識する事が大事です。

やはりかっこいい

下世話な話ですが例えば、彼女や彼氏、夫婦で歩いているときに道行く外人に英語で質問された時に、スラスラ答えることができれば・・・何となくかっこいいですし、自己満足度?もアップします。あ、今、俺、自然に英語喋ってたじゃん! という感じです。

例えば、会社にかかってきた英語の電話に明快にスラスラ答えたりすると、カッコいいですよね。会社の女の子、部下から羨望の眼差しを受けるかもしれません!? これは一昔前の話で、社内公用語=英語な時代では、出来て当たり前ってなっちゃってますね。

就職に有利

ビジネスの幅が広がります。円高などの外部要因にすぐ左右される日本国内だけに留まらず、世界を相手にしていろいろな国の人と会話をし、ビジネスチャンスを得る機会を増やす事ができます。

英語が分からないことで実は今まで数々のチャンスを逃していたかもしれません。それがなくなるだけでもかなりの価値があります。すべての企業で社内公用語が英語になったわけではありません。これから会社が海外に進出していこうと考えている会社もたくさんあります。まだまだ就職の武器になります。

子供へいい影響がある

勉強しなさい、とやみくもに強制するのではなく英語を喋っている自分の姿を普段から見せる事で、お父さん、お母さんも頑張っているんだから、僕も私も頑張ろう、という自ら自発的に勉強をするようになります。

イヤイヤやっているわけではないので継続しますし、小さい時から自発的にやる心を身につける事で、今後成長をする過程でもいい効果を与えます。