medium_4348416613

TOEICスコアが海外赴任レベルでも、英会話は苦手が半数

もうこれ、激しく同意です。。。

TOEIC点数が高い=英語ペラペラではないのです。実戦でどれぐらいの期間やってきたかとその内容です。当然ながら、人を雇う面接の場でTOEICは見ますが、私はあまり重要視しません。人柄です。英語なんていうのは所詮、ツールに過ぎないのです。

もちろんできないよりはできたほうがいいのですが、英語がペラペラ・・・だけな人が世の中にはたくさんいます。たとえ、いい会社、給料がいい会社に潜り込めても、ほかの能力(ビジネススキル)がないとすぐにバレて、追い出されます。

本当にこういう人が多い。。。楽天やユニクロの社内英語公用語化は間違ってはいないけど、ヘタをすると上記のような人たちだけが集まり、英語ができないけど有能な人が去ってしまう可能性があると私は思っています。両方の道をちゃんと用意していないような気がします。。

英語ができなきゃ人間じゃない、やめろ、ではなくて英語ができなくてもそれを補って余りあるほかの才能があればいいじゃないですかね。

でないと、日本人のいいところがないうわべだけの会社になって果ては業績が下がる、衰退するなんてことになるような気がするのですが。。。

負け惜しみですかね。。。

そうでもないようです。少しリンクを集めてみました。

海外生活ビフォー・アフター ~TOEICで感じたこと~

TOEICで高得点を取ること=英語ペラペラで外人と対等にやりあえるようになること、ではないようです。
また、日本にいるとやっぱり生の英会話スキルを磨くのは難しいということもおっしゃってます。

私はというと。。。TOEIC点数650点です。。となりに900点の人が座って一緒に仕事をしております。外人との電話会議に一緒に出ることが多いですが、特に引け目は感じず対等レベルで話が出来ている、つまり900点レベルの人とあまり遜色無いレベルで話が出来ていると思っています。

単語力、語彙力は負けてしまうこともありますが、特に会話進行に問題はありません。とはいっても、完璧等と言えるレベルではなく、まだまだ精進が必要です。おそらく死ぬまで精進・努力してもネイティブレベルにはならないのではないかと思っています。

でも、それでいいのだと思います。それは楽しい(苦しい?)ですし、ずっと目標を持って生きることができるとも言えます。

ただ、今の日本の会社は履歴書レベルでTOEICの点数が○○点以上、なんて書いてあるところもありますので、TOEICの点数もアップしておいたほうがよさそうです。

これは実際の英会話で役にたつということではなく、受験勉強的にいい会社に入るため、いい給料を日本の会社でもらうため、と割り切って勉強する必要がありそうです。私もずっと650点に甘んじておりますので、今年こそは800点越えを目指して頑張ろうと思っています。