外資系で10年以上外国人と接している経験から、ビジネス現場、海外旅行で使える英会話,英語表現、英語学習の方法を紹介

インド人の英語の発音

  • HOME »
  • インド人の英語の発音

英語を話す人口のうち、ネイティブと非ネイティブの割合は1:3と言われています。それぐらい、いろんな国のいろんな人種の人が様々な発音、訛りで英語を話しています。

仕事をしていると、いろいろな国の方と英語で電話をしないといけません。とりわけインド人の方との電話をすることがとてもつらく感じることがあります。

親会社がインターネット関係の情報サービスを提供している仕事をしている事もあり、会社がオフショアでの作業をインドに依頼しています。ということで、必ずと言っていいほど、どの電話会議においてもインド人が参加してきます。

私の経験から言いますと、インド人の英語の特徴は以下になります。

  • 喋るのが早い。とにかく早い
  • 巻き舌
  • 単語と単語の切れ目がわかりずらい
  • rの部分を日本語でいう、”ル”と発音していることが多い、それがまた聞き取りづらくしている

どうやってインド人の英語を正確に聞き取るか?

    • 特徴を覚えて推測する

日本人が喋るカタカナ英語に近い。rを ”ル”といったりする。
thinkをティンク(日本人も同じで、ティンクと言えば通じる)
thatが、ダッド

    • まずは一つの単語を聞き取る努力をする

単語が一つ分かれば、前後の状況から言っている事を推測できる場合があります
(インド人の英語に限った事ではありませんが・・)

    • 場に慣れる。

一回目の電話会議ではわからなくても、2回目、3回目はそれぞれの喋る人の言葉の特徴が分かって、 格段に聞き取りやすくなる。

    • 自分の発音を鍛える。

自分の発音をネイティブに近づける事によって、自分の耳を鍛える。
自分が発音できない音は、うまく聞き取ることができないという理論です。私の場合も英会話を学習していく過程で、発音を意識して勉強するようにしてから、少しだけですがヒアリング力が上がったという実感があります。

実際の発音を聞いて普段から鍛えておきましょう。下記にあげたリンク先のサイトでいろんな人種の英語発音を聞くことができます。

インド人・南アフリカ人の英語の発音を聞けるサイト

いろいろな発音を聞くことができませんが、取り急ぎこのサイトを普段から聞いておくことで少しはインド人の英語に慣れていくと思います。

How do I Improve Indian English Pronunciation?
こちらは、インド人の方の悩みでどうやったら、発音がアメリカ的(英語的)になりますか?という問いについて、他の方が回答しています。その解決方法は我々日本人が英語を学ぶ上でも役に立つと思います。ご参考までに、サイトをチェックしてみることをお勧めします。

インド人決定的に瞬間的にインド人の英語を聞きとる方法はありません。体育会系のノリで実戦での経験回数を積むことです。
インド人との会話や電話会議の回数が増えてきますと、彼らのクセがわかってきます。

結果、新しく会話をするインド人に電話会議で出会っても、聞き取れる確率があがります。毎週2,3回インド人と電話会議をしておりますが、一年以上経過した今でさえ、彼らが言っている事が全部聞き取ることが出来ません。とはいえ、聞き取れる確率は上がっている気がします。やっぱり場数を踏むのが早道みたいです。

ここで、一つテクニックを伝授します。電話会議でインド人の言っている内容が聞き取れなかった場合は、「私の理解ではこうだが、合っているか?」と、別の聞き方で内容の確認をしてしまうのです。相手に悪い印象を与えませんし、中には自分のように聞き取れない人が電話会議のメンバーにいる場合は、重宝がられること間違いありません。

また、やはりインド人の英語に慣れるためにはインド人と普段から話す場を持つことが重要です。そう言う意味ではオンライン英会話スクールでインド人講師だけをねらって話すということをすれば、あなたの耳がインド英語に慣れそうです。

ちなみにレアジョブについて、を調べてみました。趣味や過去の自分の専攻など、英語以外の目的を軸に講師を選ぶことができます。レアジョブのような4,000人以上の多彩な国籍の趣味嗜好を講師にもったサービスを選んで、一人の講師に固執せずいろんな国の方と話すということを続けていけば、あなたの耳も実戦で使える耳に成長すると思います。

法人が採用しているケースが多いとのこと、企業からの信用度が高い=ビジネスシーンにおいて、的確に人を成長させるスキルセットを持った会社、と私は思います。また、レアジョブ採用企業またはその企業の取引先において様々な国籍の方がいらっしゃいます。企業として現場で使われている生きた英語を学べるのではないか、と思います。

PAGETOP
Copyright © ある外資系社員による英会話勉強法 All Rights Reserved.